Masasakiblog

アートを愛し、アートに生きよう。。。

No,21 芸術的小説家と言えば、芥川賞受賞者の川上弘美先生である。

芸術的小説家と言えば、芥川賞受賞者の川上弘美である。
川上弘美の魅力と言えば、その文章の”優しさ”であると私は思う。
ここまでやさしくアーティスティックな文章を書く作家を、
私は川上弘美以外に知らない(まぁ、厳密に言えばいるのだが、ここは表現だ)。
蛇を踏む (文春文庫)

蛇を踏む (文春文庫)

 

 

私が川上弘美の作品を初めて読んだのは中学生の時であった。
授業そっちのけで読書に耽っていた中学時代の私…。
そんな私の周りには風変わりな同級生が多くいた。

ある日、私は同級生のY君と一緒に、学校帰り、
行きつけの本屋さんで次に読む小説をあさっていた。

「次どれ読むか?辻仁成も江國香織も飽きてきたよなぁ。」

時代は辻仁成江國香織があの名作「冷静と情熱のあいだ」を出版した頃であった。
その後、綿矢りさが「インストール」を書き上げ、
純文学と呼ばれる小説が大盛り上がりを見せていた。

「やっぱさ、意味不明な奴が読みたいよね。普通の小説じゃなくてさ。」

うんうんと頷くY君。
この頃から私は、どの分野においても”変な作品”を求める変人であった。
同時に、Y君も変な奴であった。

しばらく書店を彷徨っていた私…。
と、目に面白いタイトルが飛び込んできたのである。
その作品が正に名作「蛇を踏む」であったのだ。
タイトルもさることながら、その表示は蛇と関係なさそうなオブジェの写真がぽつり…。 
 

「これだ!」

 

川上弘美という名前を既に知っていたこともあり、
川上弘美作品を手にした私であった…。

 

 

 

基本情報

「川上弘美」

本名
  • 川上弘美

生誕

  • 1958年4月1日

出身地

  • 東京都

最終学歴

  • お茶の水女子大学理学部 生物学科
代表作
  • 「蛇を踏む」 1996年
  • 「神様」 1998年
  • 「センセイの鞄」 2001年  …etc.
受賞歴
  • パスカル短篇文学新人賞(1994年)
  • 芥川龍之介賞(1996年)
  • 紫式部文学賞(1999年)
  • ドゥマゴ文学賞(1999年)
  • 伊藤整文学(2000年)
  • 女流文学賞(2000年)
  • 谷崎潤一郎(2001年)
  • 芸術選奨(2007年)
  • 読売文学賞(2015年)
  • 泉鏡花文学賞(2016年)  …etc.

 作風

既に明記したが、川上弘美の作品の魅力は、文章からにじみ出る”優しさ”にある。
初めて読んだ時、私の心はふわりと何かに包み込まれた。
世間一般では、川上弘美の作品を「空気感がある」などと比喩されているが、
その比喩は結構当たっているのではないかと、私は思う。
映像作品化もされた「センセイの鞄」なんて、その最たるものだ。

美しいストーリーを”優しい”文章で描くものだから、
その読後感は、正に森の中。
量販店で購入した椅子に座り、本を読んだのにもかかわらず、
籐椅子製の揺り椅子の上で本を読んだ気分になれる。

さらに、川上弘美先生は言葉選びのレベルが神がかっている。
どの文章にどの単語が入れば、読者が納得するのかを完ぺきに把握している。
例えるならば、食材を口にした瞬間にどの調味料が合うかが分かる一流料理人である
そのうえ、塩加減も完ぺきだ。
川上弘美先生の文章の多くが、後世に残る名文であることは否定できない事実なのである。
川上弘美の作品を読むときには、
コーヒービスケットを用意することをお勧めする。
私は常に用意している。

 

川上弘美の容姿

川上弘美は綺麗な女性であるというのが私の持論である。
私の中では、「綿矢りさ」か、「川上弘美」が文学界の綺麗どころとして君臨している。
さすがに、60を超えた今の姿を見ると、否定的にとらえる方もいるかもしれないが、
若き頃は、正に私のタイプの女性である。

f:id:Masanosuke_Sasaki:20190528183422j:plain

川上弘美


 

小ネタ

川上弘美は過去にノーベル賞候補として名を連ねたことがある。
その作品は「センセイの鞄」であった。
ハルキスト達よ。
春樹以外もいいものだよ。

 

センセイの鞄 (文春文庫)

センセイの鞄 (文春文庫)

 

 

 

最後に

「センセイの鞄」は、映像作品にもなっているようだ。
しかし、原作を読んだ私は、派生作品を見ることは少ない(詳しくはNo,4 著者の作品に対する愛を感じる名作「博士の愛した数式」をご覧いただきたい。)。

ということで、やはりこの作品も見ていない。
キョンキョンが主演だから、見てみたい気もするが、それはまた別の話…。

 

 

 

 

  

ブログランキング参加中!!
クリックお願いいたします。↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村