Masasakiblog

アートを愛し、アートに生きよう。。。

デザイン

No,79 夏だ!海だ!永井博だ!

夏だ!海だ!永井博だ! 皆様にとっての夏は何だろうか? 海か? 山か? 川か? テーマパークか? 花火か? いやいや、夏と言えば 永井博 に決まっている。 広がる青空、 広がる海、 アメリカの海岸街を想像させてくれるその絵は、 夏にもってこいの作品であ…

No,78 ヘタウマってなんだ?それは湯村輝彦だ!

ヘタウマってなんだ?それは湯村輝彦だ! 皆様はヘタウマと言えば誰を思いつくだろうか? 小説なら、山田悠介?枡野浩一? 音楽なら、ブルーハーツ?エレファントカシマシ? 漫画なら、蛭子能収? イラストなら…。 湯村輝彦 で異論はないだろう。 湯村輝彦の…

No,76 もう一人のポップアート作家、ロイ・リキテンスタイン

もう一人のポップアート作家、ロイ・リキテンスタイン ポップアートと言えば、「キャンベルのスープ缶」で有名なアンディ・ウォーホルが一番初めに頭に浮かぶ。 しかし、もう一人の重要な作家がいることを忘れてはいけない。 そう、その人物こそが、 ロイ・…

No,72 和田誠は日本版デヴィッド・ストーン・マーチン?

和田誠は日本版デヴィッド・ストーン・マーチン? 今日も有名なアーティストを紹介。 和田誠 である。 最近有名どころを紹介する事が多くなっている。 ただ、安心していただきたい。 ネタが尽きたというわけではない。 ネタはもうすでについている。 毎日何…

No,70 昭和の天才アーティスト中原淳一。時代は令和だというのに…。

昭和の天才アーティスト中原淳一。時代は令和だというのに…。 例話だというのに、昭和大好きな私…。 本日のテーマは 中原淳一 である。 昔はラジオに出たり、テレビに出たり、 挙句の果てには映画を作ったりと、 様々な分野で活躍した中原淳一であるが、 も…

No,63 グラフィックアート日本代表、横尾忠則のポスターは最高だ

グラフィックアート日本代表、横尾忠則のポスターは最高だ 私は恐らく奇人・変人の部類に入ると思う。 いや、正確に言うと、そうであって欲しいと思っているだけかもしれない。 でも、30代前半なのに、好きな音楽は1920年代から1970年代までの ジャズ ブルー…

No,37 ジャズとデヴィッド・ストーン・マーチンの関係は、コーヒーとタバコのようである

ジャズとデヴィッド・ストーン・マーチンの関係は、コーヒーとタバコのようである 悲しきかな、「ジャケ買い」という言葉が死語になりつつある。 いや、すでに死語かもしれない。 今時の若者たちは、音楽や映像作品をデータで鑑賞している。 おじさんの私は…

No,33 エレキギターを選ぼう。見た目でね。(ギターという楽器はデザインがいろいろあって、楽器自体がアートである)

エレキギターを選ぼう。見た目でね。(ギターという楽器はデザインがいろいろあって、楽器自体がアートである) 今回はMasasakiblog開始一カ月記念ということで、 私の大好きな楽器、 ギターの特集をしようと思う。 音もそうだが、ギターは見た目がとても大…

No,24 ピエール・カルダンデザインの食器や服飾品は、おじさんデザインではないというのが私の持論である

ピエール・カルダンデザインの食器や服飾品は、おじさんデザインではないというのが私の持論である 流行というものは時流に流されやすい。 ある年に大流行した服なんかは、数年もすればダサい服の代名詞になったりもする。 私の高校生のころなんか、B系ファ…

No,18 お洒落な家具が欲しければ、チャールズ・イームズデザインの家具を買え!

お洒落な家具が欲しければ、チャールズ・イームズデザインの家具を買え! ただし、経済的に余裕があるという条件が付く。 チャールズ・イームズの家具は、確かにモダンでお洒落だが、 少々値が張るのである。 因みに我が家の家具は、そのほとんどがニトリで…

No,14 自動車のデザインはアートと言っていい時期があった。

皆様は 「パイクカー」 というものをご存じだろうか?パイクカーとは、そのデザインが レトロ であったり、 先鋭的なデザインの車の総称である。 本日は、そのパイクカーの魅力について語っていこうと思う。 現在の車は、「全部同じデザインにみえる。」 な…